≪ 現在募集中の職種 ≫

 

職種: エステ・リラクゼーションスタッフ (ボディエステ・フェイシャル・もみほぐし・足ツボの施術)

 

時間: 16:00~23:00  

※Wワーク歓迎

 

報酬: 歩合制 経験者 売り上げの60%~ 

 

勤務地: 山代温泉内 

私たちと一緒に働きませんか?

弊社は業界最大級の報酬率と時間単価の高さにより、効率的に稼げることが自慢です。
求められる技術レベルは高いですが、それに見合う報酬を受け取ることができます。

とはいえ、ほんとに稼げるのか?経営者はどんな考えなのか?不安ですよね。
このサイトをよく読んでもらい、その不安を少しでも解消していただけたらと思います。
ぜひ、私たちと一緒に働きましょう!!


※時間単価とは…売り上げを施術分数で割ったもの(例:売上げ1,000円÷施術分数10分=100円/分)
あなたの時間単価は今いくらですか? 弊社では平均125円/分です。
この値が高いほど短い時間で多くの売上げを得ることができます。

弊社で働くメリット

リラクゼーション業の不利な点は、売上げに限界があるという点です。一日に施術できる時間は限られます。なので、重要なことはいかに効率的に売り上げを伸ばせるかというところです。

平成28年5月のあわら店スタッフAさんの報酬は、ボーナス込みで295,500円でした。
1日平均166分時給換算にすると4,450円でした。

さらに平成28年3月の山代店スタッフBさんの報酬はボーナス込みで281,300円でした。
1日平均127分時給換算すると5,570円にもなりました。
Bさんは呼び込みが上手く、試行錯誤を日々繰り返しています。まだ25歳ですがこのくらいの報酬は当然といえます。

 

さらにさらに、平成27年8月の山代店スタッフCさんの報酬はボーナス込みで310,500円、1日平均143分時給換算すると5,415円です。

Cさんは22歳です。

あなたが今働いているところは時給換算でいくらになりますか?
281,300円稼ぐのに何分施術する必要がありますか?

 

年齢に関係なく、実力があればこのように効率的に稼ぐことができます。

あなたもチャレンジしてみませんか?

求める人材

◇ 将来自分の店を持ちたい人

1人でお店をするにしても、開業には赤字になるリスクが伴います。家賃・光熱費は売上げゼロでも支払いが生じますからね。
一方で業務委託契約の場合は、売上げゼロでも赤字になることはありません。

今まで雇用契約で働いていた人が店舗開業すると、特に赤字への恐怖感になかなか慣れません。
なので、業務委託契約で働いてみて収入の不安定さにまずは慣れる というのも一つの案です。
収入の不安定さは意外にもすぐ慣れます。緊張感はありますが、その緊張感が向上心とうまく噛みあうと充実感が得られるようになります。
 

どの業界もそうですが、売上げには季節性があります。リラクゼーション業界では11月~2月は閑散期と言われます。

 

でもあわら温泉の場合、11月~2月は越前カニの時期とあって宿泊客はかなり多いです。夏場はもちろんですが、冬場も忙しくなります。

 

私の提案としては、自分のお店を持ちつつ弊社でも働くという兼業スタイルを勧めています。

収入源が複数あるのはリスクを分散できますし、店は地元民、温泉客は旅行客ですのでお客様は被りません。何より、季節性による売り上げの波を抑え安定した収益を得ることができます。

◇ 会社からリピーター獲得を強いられるのに疲れた人

あなたはリピーター確保に嫌気がさしていませんか?

 

一般的なサロンではリピーター確保が生命線です。どの会社もそれは分かっていますからあの手この手で再来店を促します。

セラピストによってはその行為に違和感を覚える人もいます。「押し付ける」感覚になってしまうのもありますし、会社からのプレッシャーに押すつぶされそうになるようです。

会社によっては、”できなかった点・悪かったところ”を自ら報告させ改善方法などを発表させるところもあるそうです。

私はそういうの好きではありません。欠点を把握し改善していくことは大事かもしれませんが…。

 

想像してみてください。

 

毎週自分の欠点やできなかったことを他人に報告し改善策を考えるということは、日々自分で自分の欠点を探すことになります。そんな毎日が楽しいと思えますか?

 

それでもやるなら、もし私ならうまくいった点や一緒に働くスタッフのいいところも報告させますね。しかも欠点報告の3倍の時間を使って。

 

話しがそれてしまいました(笑)

温泉旅館でするリラクゼーションは、ほとんどのお客様と一期一会の関係です。
これにはこれの楽しさがありますし、再びお会いできた時は感動すら覚えます。

 

そのお客様のために最善のアドバイスもできます。リピーター確保のためには言えないこともここでは言えますからね。

指名をどんどん取れる人は路面店等の方がいいです。これも向き不向きの問題ですね。

 

独立するよりリスク無く、独立するよりリターンを得る

これは私の経験談ですが、リラクゼーションサロンに勤務し始めて二年くらいたったとき、ふと『この仕事好きだな~』って思った覚えがあります。

お客様からはバリバリ指名を頂いてたわけでもないし、店では女性スタッフ達のいざこざに巻き込まれてましたし、会社は業績が悪化しどんどん給料が減っていく有り様でした。

そんな時だったからかもしれません。なので、正確には『 “それでも” この仕事好きだな~』って思ったのかもしれませんね。

二年続いたってことはそれなりに向いているってことです。

好きで向いているってことを実感したとき、次のステップに進みたくなりました。

この仕事でどうやって収入を上げていくか…?

このまま会社勤めをしていても収入が上がらないことはわかってましたし、同業に転職しても同じことです。
収入に安定を求める以上、給料が年月とともに上がっていくなんてことはこの業界では無理ってことがわかっていたからです。

ならば、どこかでリスクを負うしかない…。

 

リスクとリターンのバランスを見極めながら収入を増やす方法を模索しました。
どこまでリスクを負えるのか?チャレンジしたいけど恐怖心の方が勝ってしまう…
そんなジレンマに陥ったこともありました。


もし、あなたが昔の私と同じ境遇にいるなら、一度会ってお話しを聞かせてください。弊社で働いた方が、独立するよりリスク無く、独立するよりリターンを得ることができるかもしれません。


エマーソン曰く、『恐怖心をなくしたいなら、あなたが一番恐れてることをしなさい』

やってみたのかやってないのかでは大きな違いがあります。
考えてばかりでは恐怖心は消えません。

やってみて初めて恐怖心が消えていきます。

あなたも次のステップに進みませんか?

求人に関するお問い合わせはこちらから

メモ: * は入力必須項目です